デコ♪ボコ♪なブログ

日頃、感じたことや思ったことを 自分のペースでボチボチ書いてます。♪

ヒヤリ  (@_@;)

今週のお題「ゾクッとする話」

 

 

小学生のころ

山の上の社宅に住んでいた。

 

近くのスーパーまで行くのに

坂を下り、田んぼのあぜ道を通って

片道40分の道のりを、スーパーまでお菓子を買いに行っていた。

 

小さい頃(今でも・・?。)

ちょっとと言わず、頭の足らないお子様だった私。

 

春。

ポカポカ陽気に、日差しも心地よく

田んぼには、もう水が張っている所もあれば、まだレンゲが咲いている所も。

モンシロチョウが、ひらひらと飛んでいる のどかな日。

草も青々として、勢いよく伸びている。

 

 

ノー天気な少女は、一人で

”お菓子でも買いに行こう”と、歩いてお買い物へ

田んぼのあぜ道を通って

  いざ!!スーパーへ(^-^)♡

 

棚田とまではいかないが、たくさんの田んぼが全面に広がっている。

あぜ道を歩きながら、段差を降りる。

また、段差が。

 

見ると、棒が落ちている。

  「あっ。棒がある。 飛んであの棒を踏もう!!」

と、棒をめがけてノー天気少女は飛んだっっっ。

 

 

ぴょ~~~~~ン

 

 

 

 

    グニャリ・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

ヘビだっっ  ・・・ (@_@;)

 

      ゲゲゲーーーーっ

 

 

 

ヘビは、少女の足に巻きついた!!

「噛まれたら どうしよう!!」 (>_<)

 

 

 

巻きついたヘビは、いっとき足に絡まったまま ジッとして

 

 

静かに田んぼの草むらへと消えていったのでした。

   おぉ 助かった~~~~\(゜ロ゜)/(涙)

 

スーパーに行き、おいしくガムを食べる頃には

 ヘビのことは

すっかり 忘れているのであった。♡