デコ♪ボコ♪なブログ

日頃、感じたことや思ったことを 自分のペースでボチボチ書いてます。♪

ギャップ

自慢じゃないけど、走るのが超遅い。

そう言うと、多くの人は「またまた~~(^。^) ご謙遜を~~」と言う。

 

”見た目とのギャップ” とはよく聞きますが、このギャップほど迷惑なものはない・・。

ジャージを着ると足が速そうに見えるだけのピヨリ。

幼い頃から、運動は苦手。走るのも苦手。泳ぎは犬かきが一番泳げると来たもんだ。

運動会では いつもドンジリで、リレー選手などには論外の人物だった。

 

中学生の頃、足の速く運動が出来る姉に「一生懸命走ってるのは解るけど、走るとき前に進まないで、上に飛ぶように走るから遅いんだよ」と言われたことがある。

 

そんな運動オンチにも、得意な競技が1つだけあって それは「障害物競争」♪

障害物のネットくぐりや、平均台渡り、バットを頭に10回廻って走るのは得意なのだ。その時だけはオンチ返上!!なのです。 (^○^)

 

 

20代前半の頃。地域の運動会に借り出された。イヤイヤ仕方なく参加・・・(-"-)

地域なのでご近所さんや幾つかの地区が集まっての運動会。知り合いや、顔見知りの人もいる。その中でピヨリはOOさんちのお嬢さんという枠で参加させられたのである。

運動会では、綱引きやボール転がしなど当たり障りな競技に出た。

すると、足が速そうに見えるだけのピヨリに目を付けた30代の男性(顔見知りだ)が「100m走や200mに出ない?」と持ちかけてきた。

(そら来た! 見た目に騙されたな!! ゴキブリホイホイ並みに引っかかったな!!)

 

「いや~ 足が遅いので障害物競争になら・・。」と切り抜けるピヨリ。 さすがだ

 

穏便に運動会も終わろうとしていた。

(やれやれ。もうすぐ終わるな)安心するピヨリ。

さっきの男性が「地域対抗リレーに出て!!」と言ってきた!!

(なぬ~~(@_@;) 何て事を言ってくるんだ!!)

 

 

「足が遅いんで・・」

「またまた~~」

「いや・・。ほんとに、遅いんで・・。」

「それでも良いんで、出てもらえる?! お願い!!」と手を合わせる男性

「本当に遅いですよ」(言ったからな!!ちゃんと遅いと言いましたからな!!)

「大丈夫です!!お願いします!!」喜ぶ男性

 

 

(くそ~~~(-"-) 本当に知らないからな!! 絶対後悔するぞ!! )

怒りと悲しみを抱えリレーに借り出されるピヨリ。

               それも、アンカー。 (最悪だ。)

 

さぁ ここからは実況中継です。

バトンを渡されたピヨリ選手!! 走ります!!

おぉ?? これは!!遅いのか?? 抜かれます!!抜かれます!!

ピヨリ選手どうした!! 調子でも悪いのか?? また抜かれます!!

大丈夫か?? 2位でバトンを渡されたのに、あっという間に5位です!!

あと一人後ろに迫ってきています!! 大丈夫か!??

これは、何とか逃げ切ったがほぼ同時くらいでゴール!! 

ドンジリは免れたようです!!

 

 

ご近所さんは絶句。声も掛けてきません。

変な空気が漂っています。

先程の男性は顔を引きつらせ、どう声を掛けようか迷っている様子。

本当に遅かったんだ・・。こんなにも、遅いとは・・・。と思ったに違いない。

(だから、本当に遅いって言ったのに・・・。

   私はちゃんと言いましたからね (-_-;) くそ~~ざまーみろ)

 

 

こうしてOOさんちのお嬢さんは、驚くほど走るのが遅いというのは禁句。

水面下でだけ囁かれるのであります。

人を見た目で判断してはいけない。特にジャージは要注意なのです。