デコ♪ボコ♪なブログ

日頃、感じたことや思ったことを 自分のペースでボチボチ書いてます。♪

大塚国際美術館

2日目は

最近、ちらほら話題の大塚国際美術館

徳島県鳴門市にあり、山をひとつ くり貫いて建てているという美術館。

 

私が絵画が好きなので、ウーフが「行きましょ」と言ってくれ

今回のメインです。

朝イチには美術館に入り。 

f:id:pi-yo-ri-pepepe1:20170516144703j:plain モナリザ

f:id:pi-yo-ri-pepepe1:20170516144856j:plain ミレー・落穂拾い

f:id:pi-yo-ri-pepepe1:20170516145846j:plain ピカソゲルニカ

 

大塚国際美術館は、信楽焼きに特殊な技術で絵を写し描いてある陶板で。

置いてある絵画は、全て原寸大!! 

本で見るのより、実物と同じ大きさで見ることが出来るというのは、かなりウキウキ、ワクワクものなのです🎶

デカっ・・   (◎_◎;)おぉ・・ と迫力もあったり

思ったより 小さっ・・ (◎_◎;)おぉ・・ と発見があって楽しい。

 

額縁も手の込んだ立派なものも多く、額縁をメインに見に来る方も居るのだそうだ。 

 

私なりの好きな絵画の見方は、作者によって絵の具の塗り方や、絵の具をたっぷり塗ってたり薄く塗ってたり、板に描いてあったりとか、そういうのを見るのも楽しみで、「あぁ、これは本物もみてみたいなぁ~~」と思うのであります。

 

見る方向によって絵の具にあたる光の反射がキレイだったり、雰囲気が違ったりして見えるのであります。ウーフは「絵とかクラシック音楽とか、よくわかんね」と言ってますが、私も解んない( *´艸`)。ただ、これは好きだな~、これは好きじゃないな~って、そんな感じ。

でね、丁寧に描いている時期もあったり、なぐり描きしてたりする時期もあったりで

(この絵の時は、良いことあったのか??)とか、(スゲー此処の部分、殴り描きじゃん。イヤな事でもあったな・・。)とか、(こんなに絵の具を重ねてるんだ~~)とか、(ちょ~細かくて丁寧に描いてるな~~スゲ~。)てな感じで、絵を見てたりします。  (*´▽`*)

 

 

f:id:pi-yo-ri-pepepe1:20170516150110j:plain⇐こちらは陶板のバベルの塔

そして、現在、本物が来ている「バベルの塔

東京都美術館で7月2日まで展示されているそう。 

  (;´∀`)あぁ、見たいわぁ。でも遠すぎる・・。

 

大塚国際美術館♡。

素敵でした。(*´▽`*)♡。また行きたい。

開館9:30から閉館17:00まで。時間が全然足りませんでした。

 

午前中、館の方が2時間にわたり、解りやすく楽しく説明してくれて、

絵に興味のないウーフが「絵は解らなかったけど、楽しかった。アッという間に時間がたったね(;´∀`)」と言っていた。

 

今回は1日目、2日目の四国上陸を終え、

3日目は広島方面へと向かうのでありました。

 

いつか、

もっとじっくり四国満喫の旅を計画しよう。 (;´∀`)またね四国。